FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-03

アジア人は行列がお好き?!

はろ~、はろ~。


サンクスギビングデー後の週末に
各所で大セールが実施されるのは
いまやアメリカの名物であり風物。

某有名家電量販店では
セール商品目当てに
夜中から行列が出来ていたなんて
新聞記事も読みました。

この時期を狙って
アメリカに訪れる観光客は
決して少なくないでしょう。

今回わたくしは
そんな観光客にも大人気という
『Desert Hills Premium Outlets』
(デザートヒルズ・プレミアム・アウトレット)
へ行って参りました。

ロサンゼルス観光の
オプショナルツアーにも組み込まれている
こちらの人気アウトレットモールは、
ロサンゼルス市内から車で
約1時間半~2時間ほどの
砂漠地帯に存在しています。

前々から一度は行ってみたいと
思っていたものの、
特別お目当てのものがあるわけでもなく
なかなか優先順位が上がる事がなかったのですが、
この度
「おうおう、そのアメリカの大セールとやらを
 ちょいと拝んでみようではないかいっ。」
と決意を固めて繰り出した次第であります。

道中、車の炎上事故が
2カ所で発生していたようで
とんでもない大渋滞。
連休で浮かれてスピード出し過ぎたんですかねえ。
ほんと「ありゃいつか必ず事故るぞ」っていう
ドライバーを毎日のように見ているので、
そこに休日の浮かれ気分が上乗せされたら
確実に事故率が上がるような気がする‥。

そんなわけで目的地へは
3時間近くかかってしまいました。

アウトレットモールの敷地内に入って
カメキチさんと二人で驚いたのは
訪れている人の7~8割がアジア人であること。

これ大袈裟ではなく、
ほんとに一歩足を踏み入れた瞬間
「ここは日本?中国?韓国?」
と思うような光景だったのであります。

敷地内のアナウンスも
英語、日本語、中国語。

思い描いていた
「アメリカのアウトレットモール」の姿は
そこには一切ないっ。
ひょえええええ。
カメキチさん曰く、
アメリカ旅行先の観光地というより
アメリカ人の自分がどこかアジア圏に
旅行に来たような気分との事。

名の知れたブランド店の前は
入店人数の制限の為、
長蛇の列。

『COACH(コーチ)』の店先には
30人ほどの順番待ちの列。(思わず数えたわい。)
メキシコ人らしき男性1人をのぞいて
あとは全員アジア人。

日本人にも人気のある
『UGG』(モコモコブーツのあれね。)や
『True Religion』(ジーンズです。)の前も
もちろん入店待ちの長い列。

Picnik コラージュ

『Burberry(バーバリー)』にいたっては
遊園地の人気アトラクションさながらの大行列で
道路まで人が溢れていました。

こちら全て“入店する為”の順番待ちの人達です。
BF5.jpg

しっかし、行列になると
俄然アジア人率が上がってるなあ。
列をなしている人だけに限定すると
アジア人率は95%を超えてんでないかい?!
(あくまで私の目視による判断&印象です。あしからず。)

もともと
「買い物するぞ~!」という気合いで
やって来たわけではなかったので
この行列を前に
購買意欲はまるでもって上がらず。

「なんか大騒ぎするほど安くなくね?」
「観光客の“財布の紐ユルユル症候群”
 つけ込まれているのでは?」
“財布の紐ユルユル症候群”の熱気に
 呑まれてはいかん、いかん。」
「ここじゃなくとも、今日じゃなくとも
 他の場所の他のセールで買えそうだぞ。」
といった感じでどんどん冷静に。

実際自分がイタリアの
アウトレットモールに行った時も
旅先でテンションが上がっているのと、
「二度と来れないかも」「今しかない」
という“限定意識”が同時に働き、
勢いでアレコレ購入した経験ありなんでね‥。

アメリカ人の姿があまり見受けられないという事は
彼らはきっと違う場所で買い物をしているに違いない。
現地の人が現れないという事は
決して「本当にお得」な場所ではないのかもしれない。
それともブランドのセールに飛びつくのは
アジア人特有の傾向なのだろうか。

う~ん、かなり興味深い。
まあ私自身が何を隠そう
“ブランドアウトレット”と“セール”につられて
のこのこ現れたアジア人客の1人なんですけどね。
なんか今回の件で目が覚めました(笑)。

げんなりしながら歩き続け、
ひと休みしようとフードコートへ。
これがまた完全にテーブルが埋まっておりまして。
空いたテーブルへすかさず移動したものの
同時に他のカップルがやって来たので、
ここはひとつ相席でという事で一件落着。
危うく立ち食いで済ますところでした。

BF6.jpg

ちなみに88ドルのトップスを
17ドルで購入しました。
これは確かに安かったですよ。
でも、ここまで来た時間と
労力とガス代を考えると‥
そこまでして買うもんでもないね。

少なくともこういったセール時期に
この場所へ行く事は二度とないでしょう。
いや、セール関係なく
自分からはもう行かないだろうなあ‥。

でもどうせ買うなら良い物を安くという
考えは変わりませんので、
今後も平静を保ちつつ
賢いお買い物を楽しんでいく所存でございます。

あ~、くたびれた。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

わかります 私もその行列には並ばないと思います 気に入ったのを擦り切れるまで使いこなす !私にはブランド物は似合わないことを知っているからです 

Re: タイトルなし

ミッシェルさん、こんにちは。
以前中国に滞在していた時に、現地の方に連れて行ってもらった
全商品コピーブランドのデパート(現在はないようですが)の品々があまりに良く出来ており、
「ブランド物を持つ意味ってなんだろう」と考えるようになってしまいました‥。

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。