FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-13

英語は流暢に喋るべからず。

はろ~、はろ~。


テレビで放送されていた
『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』
という映画を観てみました。

「観ました」ではなく
「観てみました」にしているのは、
実は途中でギブアップしたので
最後まで「観ました」とは
言えないのであります。

週に10本のDVDを借りて、
仕事が休みの日には
それこそ寝る間も惜しんで
映画を鑑賞しまくっていた
大の映画好きのわたくし。

ジャンル問わず、
ハリウッド映画から
フランス、ベトナム、インド、イラン映画‥
ありとあらゆるマニアックなものまで
仮に途中で「う~ん」と思っても
最後まで鑑賞するのを
モットーとしておりました。

ところが
『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』に限り
なぜにギブアップしてしまったのか。


この映画は“和製西部劇”。

“イタリア製西部劇”が
「マカロニ・ウェスタン」と
呼ばれているというところから
和製なので「スキヤキ・ウェスタン」
と名付けられたそうな。

日本の豪華俳優陣&豪華製作陣が
大集結して作られたものなのですが、
なんとセリフが全編英語

だもんでカメキチさんと
一緒に楽しめるかな~と思っておりました。

設定も奇抜で、
映像や衣装なんかも面白かった。
ぶっとび監督のタランティーノも
冒頭に登場したりして。
こういうハチャメチャな映画、
基本的には結構好きです。

django.jpg

しかし問題がただひとつ‥。

何を言ってるのか全然わからなかった。

自分の耳がおかしくなったのかと
思うくらいに日本人俳優達の
英語がさっぱり聴き取れないのであります。

そしてカメキチさんも
「何言ってるか全然わからない‥。」

二人で
「え?なんて?」
「今なんつった?」
「ん?なんだって?」
「いや、サッパリ‥。」
ずっとこんな調子。

序盤こそ、
映画全体の雰囲気で
「面白そう」と思っていたものの、
さすがに話が全くわからないとなってくると
それを見続けるのは相当しんどい。

細かい事抜きに楽しむべき種類の
作品だとは承知しつつもやはり。

日本で公開された際には
日本語字幕が当然あったようだし、
DVDには日本語吹き替えも
収録されているらしい。

今回こちらのテレビで放映されたものは
もちろん日本語字幕なんてない。
全編英語のセリフなので、
英語字幕も必要ないという判断だったのでしょう。
でもその英語のセリフがアメリカ人に
全く通じていないのであれば、
意味ないじゃないの‥。

日本語のセリフで英語字幕であれば
私が細かいニュアンスを
カメキチさんに補足説明する事が出来るし、
普通の英語であれば
私が聴き取れない部分を
カメキチさんに補足説明して
もらう事が出来たと思うのですが、
いかんせん
どっちにも転べない状況。
お手上げでした。

俳優の方々も
英語のセリフを覚えるのに
大変な努力をされたであろうと思います。
英語で演技をするのも難しかったと思います。

ただただ奇抜な発想で
“英語のセリフ”にして
「なんとなくカッコいいじゃ~ん」
「通じるか通じないかはどうでもいいのだ」
とあくまで日本語字幕ありきの
日本人向けに作ったのであれば
それはそれで良し。ナイス心意気。

でも英語圏の人達に
「どうだ!日本人だって英語の映画作れんだぞ。」
というつもりで作ったのだとしたら
完全にトホホでしょう‥。
伝わってなければもはや何語でも関係ない

俳優陣のせっかくの熱演も
英語のおかげで演技まで
上手いんだか下手なんだか
よくわからなくなってるし。

素直に日本語で作ってたら
もっと面白くなってたんじゃないかな~。
それか英語字幕をつけるとか。
(英語圏で放送する場合)
なんかもったいないなあ。

この映画に限らず、
英会話初心者が無理して
「流暢に喋ろう」とすると
かなりの確率で残念な感じになります。
早く言葉を羅列すればカッコいいって
もんじゃあございません。

「喋る」に意識がまわってしまい
肝心の「伝える」という事が
おろそかになってしまいがち。

背伸びをせず、
カタカナ発音でも丁寧に話す方が
よっぽど伝わったりします。

なんならもっと思いっきり
「日本語カタカナ英語仕立て」に
しちゃった方が良かったかもかも。

とまあ、
最後まで観なかったものの
英語について改めて
考えさせられる映画であった事は確か。

機会があればもう一度
日本語字幕で気軽に観てみたいです。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうなんですね

最近まで昨日、明日の英語も解らなかった私は今、遅ればせながら中学校の教科書を貸してもらい勉強しています。ツル子さんの言葉は励みになります。

Re: そうなんですね

いやいや、私自身「英語」について偉そうに語れる分際では全くないのですが‥。
言語は所詮コミュニケーションのツール(道具)のひとつでしかないので、
変にカッコつけるよりも最終的には「伝えたい」または「理解したい」という
お互いの気持ちと、それを表現出来る人柄が一番大切だと思います。
その昔、英語がペラペラなおかげで「喋り過ぎだし性格悪い」と
アメリカ人に言われてしまっている日本人がいました‥。う~ん。
良い道具でもやはり使い方&使う人次第なんだなあと考えさせられる出来事でした。
プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。