FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-15

SF道中時々膝栗毛。(4)

はろ~、はろ~。

(3)からの続き↓(始めからの方はこちら。)

さてアルカトラズ島刑務所内にて
神隠しばりに
忽然と姿を消したカメキチさん。

常に1セクションずれぐらいで
進んで来ていたので、
当然振り返った先にいるべきなのですが。

もしやこのガイド、
混雑防止の為にそれぞれ案内する
コースが違ったりするのかしらん?
英語と日本語のガイドで
話すスピードが違うのかしらん?

などと考えながら、
思いきってプレーヤーを停止し
近くをウロウロしたものの
カメキチさんの姿はどこにもない。

そんなに広いフロアではないので
一周してもみたのですが、
やはり影も形もない。

う~ん、困った。

仮にコースが違うのだとしても
最終的には同じ出口だろうから
そこで合流出来るだろうし、
ここは見学を続行した方がいいのか?

カメキチさんもそう思って
見学をどこかで続行してるのかもしれない。
そうだ、そうに違いない。
だとすると、こうして探している分
後で待たせる事になるわけだ。

時間もったいないし、
とりあえず先へ進むとするか。

再生ボタンを押して見学を再開。

結局(探した時間も含め)約1時間。
カメキチさんと一緒に過ごす事なく
アルカトラズ建物探訪は終了。
最終地点にもカメキチさんは現れず。

ガイドが終わった時点で
もう一度フロアを一周してみたのですが、
カメキチさんはどこにもいませんでした。

写真撮りたい場所
っていうか撮って欲しい場所が
いっぱいあったのに‥。
一体全体どうなってんのさ。

無念の思いでヘッドセットを返却し、
表に出てみても
カメキチさんの姿はなし。

建物の出口のお土産屋さんにもなし。

こりゃもうフェリー乗り場に
戻って待ってみるしかないなと
高台から一人トボトボと
もと来た道を下り始めました。

5679851113.jpg

すると下から高台を上がってくる
カメキチさんの姿がっ!!

「ツルコさああんっ!」
とばかりに両腕を広げながら
近づいてくるカメキチさんでしたが、
あたしゃ探しまわってヘトヘトなのと
写真を撮れなかった無念さで
とてもじゃないけど感動の再会を
盛り上げる気分にはなれんわいっ。

「どぉこに行ってたのさあああっ?!」

話を聞くところによると、
どうやらカメキチさんのプレーヤーは
途中の“セクション9”辺りで
故障して動かなくなってしまったらしい。
さすがはカメキチマジック。
奇跡を呼ぶ男。

「あらら?」とやってる間に
どんどん先に進んでいる私を
見失ってしまったそうで。

フロア内をくまなく探し歩いたものの
私を発見する事は出来ず、
あとどれだけのガイドが残っているかの
見当もつかず、
出口で待っていたものの
いつまで経っても私は現れず、
フェリー乗り場に戻ってみようと
高台を下ったものの、
やはり私は見つからず‥‥

という経緯があって、
また再び建物を目指して
高台を上がって来ていた
ところだったというわけ。

実は私よりも疲労困憊の
カメキチさんだったのであります。
かわいそうに。

鶴「えええええ?!
  じゃあ、全然ガイドで見学出来てないの?!」
亀「あのフロアの広さからして
  もうほとんど終わりかなあと思ったし。」
鶴「いやいや“セクション20”まで
  あったからカメキチさん半分も見てないよ‥。」
亀「げ。そうなの??」

実はある部屋の奥に
表の庭のような場所へ続く
出入り口があったのですが、
ガイドなしのカメキチさんには
見つけられなかったようです。

カメキチさんが私をフロア内で探していた時、
ちょうど私はその庭に出ていた頃と思われます。

鶴「せっかく来たのにもったいないねえ。」
亀「いいよ、いいよ。」
鶴「よかないわいっ!」

という事で、
なんかもうすでに
くたびれきってる二人でしたが、
改めてオーディオガイド・ツアーを
やり直すことにしました。

旅先でやり残した事ほど
のちのちまで後悔する事は
ないですからねえ。
写真とか見る度に
「あ~あ、あの時‥」
なんて思いはしなくて済むなら
しない方がいいです。

再びプレーヤーを借りる場所へ行くと
これが長蛇の列‥!!
我々が上陸したのは2便目だったので
最初に借りた時は全く
並ぶ必要がありませんでした。

それから2時間以上が経過していたので
後続の便で更に数百、いや千人以上が
上陸している計算になりますから
やむを得ないですね‥。
おとなしく並びましたよ。

私は2回目ということで、
今度は英語のガイドを借りて出発。

囚人との面会部屋。カメキチさんとも無事に面会できて良かった、良かった。
5679836233.jpg

『写真撮り直しツアー』の私は、
ガイドの合間に
ああだこうだとカメキチさんに
ポーズをとらせたり、
カメキチさんに撮ってもらったりと
2回目をすっかりご満悦。

(左)看守室奥の庭的なとこからの眺め。(右)灯台の下のカメキチ。
5679888466.jpg

英語のガイドもおさらいがてら
結構勉強にもなりましたし、
おかげさまで思い残す事のない
『アルカトラズ島見学』でありました。

疲労は倍になったけど‥。

お土産売り場にあった有名囚人の顔写真ポストカード。悪趣味っちゃあ悪趣味ですね‥。
5679903702.jpg

そんなこんなで無事に
アルカトラズ島から帰還した二人。

帰り着いた場所には
出港時に撮られた記念写真がズラリ。
いちおう見るだけ見ておこうと
我々の写真を探しました。

お、あった、あった。
どらどら‥

笑顔で写る私の横で、
カメラマンの腕のせいか、
それとももしや
この先に待ち受けている不幸を
悟っていたのではないかと思われるほど
なぜか悲しそうな表情で写る
カメキチさんの姿がそこにありました。

チーン‥。

(5)へ続く→


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。