--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-04

“ロック”な夜。

はろ~、はろ~。


いやあ、ロックな熱い夜を
過ごして参りました。

昨晩(9/3)は
アーヴァインにある
『Verizon Wireless Amphitheatre』
という野外コンサート会場にて
“Nickelback”(ニッケルバック)
のライブに繰り出したのであります。

5596760992.jpg

なので、今回の記事は
洋楽に興味のない方には
「サッパリ」な内容になるかも‥。
ま、ご報告なんでサラリと
読み流しちゃっておくんなまし。

この野外コンサート会場には
以前、ジョン・メイヤーの
コンサートで訪れた事があります。
とはいえ、その時の本当のお目当ては
前座バンドだった“Maroon5”(マルーン5)。

まだアメリカでも日本でも
グラミーの最優秀新人賞を
穫るなんて思われていなかった時代です。
そこからの快進撃は
この場でわざわざ語る必要もないでしょう。

ジョン・メイヤー目当てでは
なかったので(いちおうCD2枚は所持してますが)、
マルーン5終了後、
彼の演奏は3、4曲だけ聴いて
途中で帰りました。

というように、
コンサートのメインアーティストの前に
大抵ウォーミングアップ要員の
アーティストの演奏があるのが定番。

今回のニッケルバックに関しては
前座に3バンドという
軽くロックフェスばりの
ラインナップ。

“Saving Avel”(セイヴィング・アヴェル)
“Papa Roach”(パパ・ローチ)
“Hinder”(ハインダー)

観客席を走り回った“Hinder”のヴォーカル。この写真は怖いね‥。
5596788938.jpg

午後6時開演でしたが、
この3バンドの演奏が先なので
ニッケルバックだけが
お目当てだった今回は
「8時頃に着けばいいべさ。」
とのんびり会場入りしました。

5、6年前に
ハリウッド・ボウルで行われた
ニッケルバックの追加公演では
“Puddle Of Mudd”(パドルオブマッド)
が前座で、このバンドも好きだったので
最初っからちゃんと観たんですけどね。
今回の他バンドには
あまり興味がなかったもんで。

しかしながらニッケルバックと
“Hinder”、“Papa Roach”の
ヴォーカルと共にプレイした
“AC/DC”の名曲『Highway to hell』は
圧巻でした!!観客もサビで大合唱。

“AC/DC”のライブにも行った事がありますが、演奏は本家より上手かったかも?!
5596850742.jpg

確か来日公演を
一度しかしていないニッケルバック。
(しかも今ほどのブレイク前。)
まあ、彼らのライブを観れば
その理由がわかるような
気がします。

「こんなの日本で出来るわけねえええ。」
ってなもんですよ。

ステージではバンバン火柱が上がり、
花火がドバアアンと噴き上がり、
ビールがまき散らされ、
ビキニのおネエちゃん(観客)が
狂喜乱舞する‥。

本人達がこういったライブが
好みだというのであれば‥

無理でしょ、日本じゃ。

わかりにくいけど、ビールまき散らし中。バズーカみたいなのでカップを飛ばしてます。
5596929449.jpg

私とカメキチさんは
ビールがまき散らされてる最中、
「前の方じゃなくて良かったねえ。」
「濡れるのは勘弁だねえ。」
と、いたっておりこうに観覧。

ビール片手に観覧するのは
もちろんオッケー。
それどころか、客席では
禁止されているはずの喫煙も
おかまいなし。
なんかもうなんでもありです。

ちなみに飲んべえカメキチさんは
「運転があるし。」
とダイエットコーク。
感心、感心。

しかしほぼ100%の人達が
車で来場しているはずなのですが、
帰り道大丈夫なのかしらん。
怖い、怖い‥。

でもって、
どこからともなく漂ってくる
マリファナの匂い。
もちろん違法のはずなのですが、
日本と違いその取り締まりは
かなり甘々です。

日本で同じ事があれば
そりゃもう大騒ぎ間違いなしですが、
ロサンゼルスでは
警察官ですら「見て見ぬふり」
という場合が多い。

その昔、ハリウッドの道端で
マリファナを吸って
警察の職務質問でつかまっている人を
見た事がありますが、
「こんな所で吸っちゃいかんよ。」
「はい、もうしません。」
で解散したもんでビックリでした。
いいんですか?ってなもんです。

重ねて申し上げますが
マリファナは医療目的以外、
違法です。
とはいえ近頃、
カリフォルニアは財政難から
「マリファナを嗜好品として合法化する」
なんて論争が巻き起こっているようで‥。
どうするシュワちゃん?!

しかし、この煙の匂い。
一度この匂いを知ると
すぐに「あ、誰か近くでやってる」
と気付くくらい独特です。

私は23歳になるまで
『わきが』の匂いを
知りませんでしたが、
一度その匂いを知って以来、
即座に「あ、わきが」
と気付くようになりました。

ちょうどそんな感じです。←とんでもない例えだな‥。
鼻がいいもんで。

チャド(ヴォーカル)はチャドで
「うう~ん、ポット(マリファナの別称)の
香りがするぜ~い、
俺にもよこせ~い、ははは~。」

ノーコメントでお願いします。

5596747875.jpg

家族連れ(子供連れ)のお客さんも
非常に多かったので、
「ロック」=「なんでもあり」
という風潮はこのご時世に
いかがなものかとも思いましたが、
まあ、連れて来た親の責任でも
ありますから、なんともかんとも。

ライブそのものはとても盛り上がり、
演奏も最高でした!!
ほんとニッケルバックは
演奏が上手いんですよ。
レコーディングでごまかしてるような
バンドとはちょいと違います。

あ、ちなみにカメキチさんは
ニッケルバックには基本的に
興味なし。
UKロック派なもんで。
おいらバリバリUSロック派。
(ニッケルバックはカナダですが。)

「これ絶対演奏するから!」
「“ヘイッ!”て4回やるから!」
「このタイミングだけ覚えとけばいいから!」
とカメキチさんへ与えていた宿題ソングも
予想通りしっかり演奏され、
宿題の成果をきっちりと
見せてくれたカメキチさんでありました。

“ヘイッ!”のタイミング
バッチリでしたよ~。
ちょっと恥ずかしそうだったけどさ(笑)。


PS:両親へ
今後も我々はおりこうな
観客であり続けますんで、
どうかご心配なく(笑)。

左、カメキチさん。右、わたくし。
5596896825.jpg


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。