FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-16

紙袋ですが、なにか?


はろ~、はろ~。

お母さん、韓国旅行は盛り上がってますか。
イ・ビョンホンに会ったら
よろしく伝えて下さい。�s�[�X

もうすぐカメキチさんの誕生日です。
なので、前々から決めていたプレゼントを
イギリスのウェブショップにて注文しました。

なんでか知らんけど
送料はイギリスの国内配送と同額。
お隣だから安いのでしょうかね?

先日注文した商品が無事に到着。
どらどらと中を開けて確認してみると・・

違う、違う、ちが~~うっ!!
なんてこったい。
同梱されてた注文書には
確かに私が注文した商品が明記されてて
ご丁寧に写真まで載っている。
にもかかわらず、
間違えてくれちゃったんですかっ?!
とほほ~。

英語でクレームつけるの面倒くさいけど、
カメキチさんに相談したら
プレゼントの事がバレてしまうし、
自分で解決するしかないのね。

どおしよっかな~
違うけどこれ代用しちゃおっかな~
こっちの方が値段高いし~
でもどう見ても女性用だよね~
マズいよね~

ま、結局
ショップのカスタマーサービスに
メールにて事情を説明しましたよ。

“正しい商品を本日すぐ送ります!”
との対応だったので、
カメキチさんの誕生日にも
間に合いそうだし、許~す。

でも間違って届いた分を送り返さないと
いけないので、行ってきました郵便局。
P1050445.jpg

ショップからは
“プチプチ内蔵の封筒に商品の箱を入れただけ”
という、ごくごくシンプルな梱包で届きました。
だもんで、その封筒そのまま使っちゃおうかな~
とも思ったのですが、
宛名のシールやらなんやらベタベタ貼ってあったので
ややこしくなりそう。

でも極力元の状態で送り返したかったので、
商品をショップからの封筒に入れた状態のまま
家にあったちょっと可愛い紙袋に入れて
送り返すことにしました。

宛名の紙と国際郵便の紙を持って窓口へ。
「お願いしま~す」
と窓口のおねえさんに紙袋を渡すと
おねえさん何やら怪訝な顔つき。

「あなた今までにこういう紙袋で何か送ったことある?」

は?
あるに決まってんじゃん。
郵便小包に紙袋使うなんて定番中の定番でしょうが。
なんか聞き間違えたかな~
と思いつつ
「いつも使ってますけど・・」

おねえさん明らかに
“マジかい?!アンタ正気かい?!”って表情。
なんか首傾げながらブツブツ言ってるし。
なにそれ~失礼だな~
紙袋見た事ないんかいっ!!

「あの~、(なんだかわかんないけど)全然大丈夫ですから。」
と言うと今度はムスッとした表情に。
「あっそ。」
という態度で荷物を受け取り
「はい、$10.76ね。」

なんだったんだ、あの態度。
感じワル~。

早速カメキチさんに郵便局での出来事を報告。
すると意外な答えが・・。

亀>「え~っ!!ツルコさん、普通の紙袋に入れて送ったの?!」
鶴>「うん。ちょうどいいのがあったからさ。」
亀>「ちょうどいいったって、紙袋でしょ?!」
鶴>「うん。紙袋だよ。」
亀>「で、受け付けてくれたの?」
鶴>「当たり前じゃん。」
亀>「スゲ~~、ツルコさん強ええ~。
   そのやりとり見たかったなあ。だははは ���Ђ���。」

全然知りませんでしたが、
ここアメリカにおいて荷物を紙袋で送るってのは
どうやら基本的にはありえない事らしい。
“郵便物の取り扱いが雑”ってのが
大前提なので、箱に入れるのが
なんとなく常識なんだとさ。
(日本だと丁寧に扱ってくれるのが
前提だし、箱だと無駄にかさばるしさあ。)

あ~、確かに窓口の後方で仕分けしてる人
バンバン荷物放り投げてたわ。
かなり離れたとこから。

日本にいる時、
カメキチさんへ荷物を送る際
いつもショップの紙袋を利用していた私。

鶴>「あの時ももしや“変だな~”って思ってた?」
亀>「うん。ショップの紙袋とかで荷物が届いたの
   初めてだったから“大胆だな~”って思った。」
鶴>「マジっすか?!」
亀>「日本は紙袋使っていいのかなって思った。」
鶴>「いいよ、いいよ~。いいに決まってるよ~。」

つまり郵便局のおねえさんに
してみれば
非常識とも思えるスタイルの荷物を
持ち込んだうえに
しゃあしゃあと
「全然大丈夫ですから。」
とのたもうた困った客でしか
なかったわけです、私。

おねえさん、スイマセン。
受け付けてくれて
ありがとう。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。