FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-08

カメキチ子供時代のオモチャ。

はろ~、はろ~。


まずは
祝・甥っ子誕生!
いやあ、めでたい、めでたい。
元気にすくすく成長してちょうだいね~。

ということで
昨夜カメキチさんと私も
童心にかえって、
子供時代に持っていた
懐かしいオモチャの話で
盛り上がりました。

誰しも子供の頃の思い出深い
オモチャがあるもんです。

私がいつでも
どこにでも持ち歩いていたのは
ミルク飲み人形の
「ウメちゃん」。

我ながらこのネーミングセンスには
首を傾げたくなりますが、
たぶん赤い服を着ていたので
「ウメ」っぽかったのかもしれません。

顔はプラスチックというか
ビニール製っていうんですかね?
クマさん型の服を着ている赤ちゃんで
体は粒状の発砲スチロールが詰まった
ぬいぐるみのようなお人形でした。

ある日老朽化したウメちゃんの首が
突然もげて、中の発砲スチロールが
ドワ~っと流れ出てきた時は
ウメちゃんのあまりの悲惨な姿に
涙した記憶があります。

散らばった発砲スチロールを
母が一生懸命かき集めてくれたものの、
全ての回収は不可能。
修復後のウメちゃんは
ぽっちゃり体型から
くたくたの痩せ型になってしまいました。

そんなウメちゃんの次に登場し、
肌身離さず持ち歩いたぬいぐるみは
クマの「ゴローちゃん」。
ネーミングセンスの渋さは
まだ継続していたようです‥。

オモチャ屋さんのチラシで
完全にひと目惚れだったなあ。

あと貰って嬉しかった人形は、
注射をすると目から涙をこぼす
『おちゅうしゃ・めめちゃん』かな。

『めめちゃん』。懐かしいっっ!!
meme.jpg

『めめちゃん』の話をすると
カメキチさんは
「な、なんて残酷な人形遊び‥。
 注射されて泣くだけなんて可哀想だ‥。」
と思いっきり引いておりました。

あら。
そんな風に考えた事なかったわ。
言われてみれば確かにそうですね(笑)。

さて、子供時代のカメキチさんはというと‥

もの凄い読書家だったようで、
オモチャで遊ぶよりも
本を読む方が好きな子。

とはいえ、小学校にあがる前は
手触りの良かったスヌーピーの
ぬいぐるみといつも一緒だったそうな。
ただカメキチさんいわく、
そのぬいぐるみが『スヌーピー』である
という認識は当時全くなく、
「僕の犬」という感覚だったみたいです。

そのスヌーピーも
私のウメちゃん同様に
ある日首がもげてしまったそうな。
お母さんが修復してくれたものの
頑丈に直し過ぎたせいか
首周りがカチンカチンになり、
もの凄~く手触りが悪くなったとか。

そして
「おお~、さすがアメリカン。」
と思った一品が
『G・Iジョー』

『G・Iジョー』とは
”米国兵士”の一般的な呼称であります。

1964年(昭和39年)に
女の子向けの『バービー』に対抗して
発売が開始された男の子向けの兵士人形。

現在でも根強いファンがいて、
映画になったりもしています。

実はカメキチさん、
人形遊びには全く興味がなく、
お誕生日にこの人形を貰ったものの
ほとんど遊ぶ事はなかったらしい。

カメキチさんに気に入られなかった
残念な『G・Iジョー』がこちら。
      ↓

doll.jpg

怖っ!!

子供向けとは思えない
オッサン人形‥‥。
可愛さの欠片もないです。
ぷぷぷぷぷ‥‥。

首のタグを引っ張ると
何やら喋る仕組み。
しっかし、何度見ても面白過ぎ。

ちなみもう1個の人形がこちら。
      ↓

mason.jpg

マット・メイソン少佐という
宇宙飛行士らしい‥。
『G・Iジョー』に
負けず劣らずの可愛げのなさが見事。

かなり売れたそうなのですが、
これまたカメキチさんは
持ってはいたものの、
「遊んだ」という記憶はなし。

自分から「あのオモチャ欲しい」という事が
滅多になかったカメキチ少年が
唯一どおおおおしても
手に入れたかったゲームがこちら。
      ↓

football.jpg

ポケットサイズの
フットボールゲームで、
いわゆる”ゲームウォッチ”
みたいな感じでしょうかね。

当時アメリカの子供達の間で
絶大な人気があったそうです。
ポケットサイズという事で
学校に持って来ている子も多く、
カメキチさんはお昼休みに
貸してもらって遊んでいたとか。

しかしたまに借りるぐらいでは
なかなか上達せず、
「僕も友達のように上手くなりたいっ!」
と思ったカメキチ少年。

クリスマスプレゼントとして
このフットボールゲームを
リクエストしました。

しかしその当時は
「たまごっちブーム」のように
どこへ行っても売り切れで、
入手は困難を極めたようです。

お母さんもあちこち
探し歩いてくれたようなのですが
やはりどこも売り切れで断念。

そんなお母さんが
「なんとか代わりのゲームを‥」
と選んでくれたのがこちら。
      ↓

toy.jpg


似ても似つかない‥。

そのクリスマスの朝のガッカリ感は
今でもはっきり覚えていると言うカメキチさん。

写真で見てもわかる通り
ポケットに忍ばせて
学校に持って行けるサイズでもありません。

でもこのゲーム、
実はとっても知的なゲームで
現在でもバージョンアップして
生き残っているんですよ。

4つのランプがランダムに光り、
光った順番通りに押していくという
シンプルでありながらも
暗記&記憶力を鍛えるのに
最適なゲームなのであります。

そんなこんなで結局、
欲しかったフットボールゲームは
ブームが落ち着いた数ヶ月後に
自分のお小遣いで購入したそうです。

まあクリスマスに欲しい物が
貰えなかったという経験も
誰にでもあるものでしょう。

私も人気テレビ番組だった
『風雲たけし城』の
ボードゲームが欲しいと
サンタに手紙を書いたところ、
クリスマス当日に枕元にあったのは
アニメ『タッチ』のボードゲームでした。

欲しい物と違っていたショックよりも
「ヨーカドーで売り切れだったのよ。ごめんね。」
とサラリと言ってのけた母のひと言で
「サンタからじゃないんかいっ!?」
と思わぬ形でサンタの正体を知らされた事の方が
ショックだったような気がします(笑)。

しかもこの日の朝は
目が覚めた時に
なぜか家に誰もおらず‥‥

朝起きたら誰もいないという不安よりも
『タッチ』のボードゲームを前に
「ひとりでどう遊んだらいいんだ‥。」
なんて呑気に考えていたところに
兄がひょっこり帰ってきました。

実は前の晩に
父が忘年会に出された
”牡蠣”にあたり、
食中毒で大騒動だったそうでして。
今現在父はそのまま入院し、
母が妹を連れて付き添っていると。

私はぐっすり寝ていたので
そのまま寝かしておいたと
そういうわけです。

母が戻ってくるまで
兄が一緒に『タッチ』のゲームで
遊んでくれたものの、
たいして盛り上がらなかった
気がするなあ‥(笑)。


オモチャにまつわる
エピソードって、
久々に思い返してみると
色々出てくるもんですねえ。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。