FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-19

ザ・いちゃもん。(前置き編)

はろ~、はろ~。


アメリカというと
なんでもかんでも訴える
「訴訟の国」という
イメージがある方も多いのでは。

訴訟まで行かずとも、
日々の生活の中で
クレームをつける人を見る回数は
圧倒的に日本よりも多いかな~。

例えば、大きなお店の
カスタマーサービスのカウンター
(商品クレームや返品の場所)。
ここに列が出来ているのは
決して珍しい事ではありません。

返品に関して超寛大なんですよ。
レシートさえあれば、
理由も何も聞かれない。
「返したいんですけど。」
「はい、これお金。次の人!」
いやホントこんな感じ。
いちいちひとりひとりの
クレーム、要望、言い訳云々相手にしてたら
キリがなくなるから
こういう流れになったのではないかと。

ホリデイシーズンなんか
カウンターの後ろは
返品商品が山のようになってます。
明らかに使用済みの物や
開封済みの物もね。←ここがポイント。

“まず言ってみる(やってみる)”というのは
アメリカ人の根っこにある
パイオニア精神が働いているのかもしれません。

ただそこには「ダメでもともと」な
当たって砕けろ的な気持ちではなく
「言う(やる)からには勝つ!」という
あくまで強気な攻めの気持ちのみ。

そういう気持ちって
生きてく上でとても大切だし、
時には根拠のない自信も必要だとは思いますが、
それでも相手がいるからには
やはり常識の範囲内でお願いしたいもんです。

ただその常識の範囲が
日本人とアメリカ人では
違ってたりもするわけで‥‥
いやでもそれはやっぱりダメだろ~と
びっくらこいた出来事をひとつ。

カメキチさんと二人で
小さなモール内に並ぶ
中華風料理屋に入った時の事。

参考までにこんな感じの並びにある店。(*写真の場所ではありません。)
1abc.jpg

店内では若い男女のカップルと
白人のおばさんの二人組が
それぞれテーブルで食事をしていました。

我々が注文の品を待っている間、
食事を終えたおばさん二人組が
お会計を始めました。
こちらでは日本と違い、
伝票をレジに持って行って支払うのではなく
テーブルにて支払いをします。

カードで支払う場合は
伝票とカードを店員さんに渡し、
それから店員さんが持ってくる
カードのレシートにチップの金額と
チップの金額を足した合計金額と
サインを記入して終了。
そのレシートをテーブルに置いて
あとは勝手に出て行けばよろし。

現金で支払う場合は
お釣りが必要なければ
チップを足した合計金額を置いて
あとは勝手に出て行けばよろし。

さて、財布を取り出して
現金で支払いをしようとしている
おばさん二人組が何やら
顔を突き合わせてヒソヒソ。

「割り勘の計算でもしてんのかな。」
とその様子を横目で見ておりました。

そしてテーブルにお金を置き、
サササ~っとお店の外へ。

しばらくして
おばさん達がいたテーブルへ
代金を取りに来たウェイトレスさん。
その直後、お金の受け皿を持ったまま
もの凄い形相で店を飛び出していったのです。

たまにチップが支払われてないとか、
チップの額が不足だと言って
お客さんを追いかけるなんて事が
あるそうなので、
この時も「チップなかったのかね。」
とカメキチさんと話していました。

ただあの二人組のヒソヒソは
なんとな~く妙だったぞ。

ウェイトレスさんはどうやら
二人組を発見したようで、
外から言い争う声が聞こえてきます。

約15分後。
頭から湯気が出てんじゃないかってくらいの、
プリプリなんて可愛いもんじゃなく
ブリブリに怒った表情でドアを開け、
中に戻ってきたウェイトレスさん。
まあどうにも怒りが収まらないようで
ドアを閉める前に
表にまだいるのであろう二人組に向かって
「くそったれ~っ!馬鹿野郎おおっ!」
と叫ぶ始末。

ひえええ‥
大の大人が、
しかも女性が、
しかも店員さんがお客さんに
あんなにも思いきった暴言吐くとこ
初めて見た。

若いカップルはすでに去っていたので
カメキチさんと二人残された店内で
「なんかとんでもない時に来ちゃったねえ。」
「知らん顔で食べ続けるしかないのかねえ。」
「でもなんだろ。ちょっと面白いねえ。」
と小声で会話。

その後ウェイトレスさんから
事情を聞いてみると、
かなり驚きの内容でした。

そして2ラウンド目が
間もなく幕を開けます。

(そりゃないよ編)へ続く→


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。