FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-16

嘘みたいなホントの話。(前編)

はろ~、はろ~。


とうとう“あの日”の事を
語る時が来てしまいましたねえ。

練りに練って、待ちに待った
京都&広島旅行計画を
翌日に控えた
お正月二日目の出来事。

我が家の正月三ヶ日の
過ごし方は大抵、
カラオケ、麻雀、ボーリング。

4人で遊ぶ麻雀に
大人7人では、なんとも中途半端。
カメキチさんにはまだちょっと
難しいですしね。
(いちおう予習はさせてきましたが。)

赤ちゃん連れのカラオケも
あの大音量は心配です。

となると今回導きだされる答えは
自然とボーリングになるわけさ。
これならみんなでワイワイ遊べるもんね。
唯一の問題は
カメキチさんの靴のサイズが
あるかどうか。

電話で問い合わせた所、
30cmまで用意しているとの事で
ギリギリオッケー。

行きつけのボーリング場は
この時期いつも混んでいるので、
私、カメキチさん、兄の3人が
先に行って予約をしておく事に。

待っている間は3人で
同じ建物内にあるダーツバーにて
対決してみたり、
エアホッケーに興じたりなぞして
楽しんでおりました。

全員が揃ったところで、
いよいよ本日のメインイベント、
ボーリングのスタートです。

2レーンに分かれて、
私とカメキチさん、
兄夫婦、両親&妹の
3チームでの対抗試合。

よっしゃあ、負けらんねえ。
「ガンバリマース!」と
カメキチさんも気合い十分です。

登録した順番上、
カメキチさんと父が
それぞれのレーンの
第一投目プレイヤーでした。

「いやあ、久し振りで
ちょっと緊張するなあ。」
と言いながらも
興奮気味のカメキチさん。
ボールを手に持ち、
いざ出陣の時。

「頼んだよ、カメキチさん!」
とその背中を見送りました。

accident.jpg

さて。

この場面までは
私が回していたビデオカメラにも
しっかりと記録されていたのですが‥

カメキチさんが投げるであろう瞬間に
ほんとにほんとにほんの一瞬、
隣のレーンの家族と
言葉を交わしたか何かで
私も家族も誰ひとりとして
“それ”が起こった瞬間を
目撃していなかったのであります。

次にカメキチさんへ
視線を戻した時に
目に入った光景は‥

苦悶の表情を浮かべて
アプローチ上にひっくり返っている
カメキチさんの姿でした。

ええええええええっ?!

家族全員が騒然。
そりゃね。

慌てて駆け寄った
父と兄で
カメキチさんを
抱き起こそうとすると
「イタタタタタ~っ‥膝が!」

どうやらカメキチさん、
膝を捻ってコケたらしい。
いや、滑った拍子に
コケて膝を捻ったのか?

あまりにも一瞬の出来事で
その詳細はいまだハッキリしていません。
どちらにせよ、
第一投目の途中(?)で
膝を負傷の為あえなくリタイア。
翌日の旅行の為にも
ここはおとなしく休んでおくべし。

「危ない!」と思って
転ぶ前にボールだけは
なんとか放り投げたようで、
コンピューターのスコアには
『G』(ガター)が
空しく記録されておりました(笑)。

まだ始まってもいない段階での
まさかの出来事に
「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」
と慌てふためく家族でしたが、
カメキチさんは
「ダイジョーブ、ダイジョーブ」

病院に行った方がいいんじゃないかと
みんなで心配したのですが、
自分の失態で楽しい場が台無しになるのは
心苦しいと思ったようで
カメキチさんは
「大丈夫です。皆さん続けて下さい。」
「休んでれば大丈夫です。」とばかり。

ここでゲームを止めて
(正確にはまだ始まってないけど‥)
無理にカメキチさんを病院に連れて行っても
カメキチさんの中で
「僕のせいでスイマセン」という気持ちが
増大してしまう可能性もあるし、
それはそれで気の毒だ。

この思いやりの応酬の末、
ここは大丈夫と言い張るカメキチさんの為にも
とりあえず我々は様子を見ながら
ゲームを続行するしかないという結論。

本当はみんなカメキチさんが心配で
気もそぞろにボールを投げ続けただけって
感じなんですけどね(笑)。

ちなみに父は
アベレージ160~180は当たり前で
ハイスコアは200を越える腕前なのですが、
この日はなんと
100にも届かない無惨なスコア。
あんな父ちゃんのプレイ見た事ない‥。

どれだけ気が気じゃなかったのかが
如実にわかる数字であります。

ゲーム終了後、
なんだか顔色まで悪くなってきていた
カメキチさんは、
1人では全く立ち上がる事すら
出来なくなっていました。

それみたことかっ。
そこでもう有無を言わさず
ボーリング場から病院へ直行。

お正月と言う事もあり、
救急にて受付。
院内は車椅子での移動。

前日の初詣の際は
嬉々として孫のベビーカーを
押していた父ですが、
まさかその翌日に
娘婿の車椅子を押す事になろうとは
想像だにしなかったでしょうねえ。
やれやれ。

「いやあ、ボク英語苦手ですいません。
 LとRの発音がなかなかねえ‥」
と言いながらも果敢に英語で
カメキチさんと話してくれようとする
なかなか陽気なお医者さんでした。

レントゲンの結果、
骨が折れてたりはないようで
『捻挫』という診断。

看護婦さんが「大」と書かれた
松葉杖を持って来てくれたのですが、
カメキチさんにはちょっと短い。
そこでまた改めて
今まで誰も使った事がないのであろう
ビニールに入った新品の「特大」と書かれた
松葉杖を探してきてくれました。

というわけで、
ここまではカメキチさんの身に起きた
“新年早々の不運なお話”。

“嘘みたいなホントの話”の
本番は実はこれからなんですわ。

アーメン。

(中編)へ続く→

指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。