--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-23

ポットラック・パーティー。

はろ~、はろ~。


やっとこ通い始めたばかりの
アダルトスクールでありますが、
今週から夏休みに突入しました。

早っ!!

これから9月の半ばまで
約3ヶ月お休みです。

長っ!!

日本の学校の
学年末は3月ですが、
こちらは6月。

日本の新学年スタートは
4月ですが、
こちらは9月。

つまり、この夏休みは
新生活が始まる前の
日本の春休み的な
ポジションというわけ。

しっかし3ヶ月って
長いよね~。

とはいえ、
私の地域のアダルトスクールは
校舎が3ヶ月閉鎖される間、
希望者を対象に
別の場所で
「サマースクール」を
設けてくれます。

私もすでに申し込み済みなので、
7月から8月にかけての6週間、
また新たなメンバー&先生と共に
お勉強を継続していくつもりです。

というわけで、
先週の修了日は
授業の後に
『ポットラック・パーティー』
(Potluck)
が開催されました。

まあ早い話が
『持ち寄り会食』。

悩みましたね~。
何を持っていったらいいもんか。

当初は何か作るつもりだったのですが、
とにかく色んな国の人がいるし‥
ベジタリアンがいたら‥
宗教上「豚肉NG」な人がいたら‥
なんて考えだすと
全くもって答えが出せず。

とはいえ、せっかくなら
「日本」をアピールしたい。

そこで思いついたのが
こちら。
     ↓

緑の方は抹茶生地、茶色は中に栗入り。
party2.jpg

『どら焼き』

いやはやこれが
思いのほか好評で、
人数分以上のかなりの数を
用意していたのですが
あっという間に品切れ。

お友達同士の
軽い場であれば、
これはかなりお薦めです。

メキシコ人のチビッコが
「どら焼き」をかじっている光景は
なんとも可愛らしかったわ~。
ちなみにその子はいつも
おうちからヤクルトを持参しています。
日本で生きていけますね(笑)。

みんなもそれぞれ
(買ったものや作ったもの)
国際色豊かな品々を
持ってきていました。

party1.jpg

どれも非常に
美味しかった!!

今学期を最後に
一番仲良くなった
スペイン人の女性は
国に帰ってしまうので
とっても残念なのですが、
そういう出会いがあったのも
この学校のおかげ。

インドで大学教授をしている
お坊さんになんか
なかなか出会えませんよ。

このお坊さんの場合は
仏教関係の会合で
アメリカ国内を飛び回っていますが、
滞在費用は大学から出ているので、
出席表や修了証をちゃんと
提出しないといけないそうです。

滞在理由も人それぞれですねえ。

しかしほんとに
先生もクラスメート達にも
かなり恵まれていると思います。

クラスメートの一部女性陣と。左からメキシコ、アメリカ(先生)、
スペイン、日本(私)、メキシコ、中国、グアテマラ。

classmates2.jpg


サマースクールも
楽しみだ~。



指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-06-15

夏の足音。

はろ~、はろ~。


どうです、日本は。
梅雨のまっただ中ですか?

ここロサンゼルスは最近、
特に午前中は
パッとしないお天気が
続いております。

これは
『June Gloom』
(ジューン・グルーム)という、
南カリフォルニア特有の気象現象。

「June」=6月
「Gloom」=薄暗闇

まあそのまんまの意味ですが、
5月から6月にかけて
午前中は曇り空が広がります。
(霧がかかる場合もあり。)
気温もかなり低く、
長袖を羽織っていないと
肌寒く感じるほど。

午後になると雲が晴れ、
一気に気温が上昇。
こうなると俄然暑いっ!!

『June Gloom』は
夏本番がいよいよ
近付いているという印。

日本の梅雨的な期間なのです。
(雨は降りませんが。)

夏と言えば‥‥
やはり欠かせないのは
アイスの存在でしょう。

気温が高くなってくると
ついついアイスに
手が伸びてしまうもんです。

というわけで、
こんなものをゲットしました~っ。
    ↓

bar.jpg

ご存知、
泣く子も黙る
『井村屋あずきバー』
でございます。やっほい。

あるのよ、あるのよ、
あるんですのよ。
ロサンゼルスにも。

需要があるから供給がある。

ロサンゼルスでも
多くの日本人に支持されている
という証拠ですねえ。

でもパッケージの品質表示は
ちゃんと英語になってます。

bar2.jpg

缶詰のゆであずきを
スプーンで食べてた事のある
私としましては、
あずきバーの存在は
実にありがたいわけで。

ちびりちびりと
味わわせていただいております。

抹茶好きのカメキチさんは
「宇治金時バー」が
お気に召したようです。

こういうアイスを食べる時は
子供時代の夏休み、
プールの後を思い出します。

50円玉を握りしめながら
酒屋さんのアイスのショーケースを
覗き込んでいたもんです。

買うのはもっぱら『ガリガリ君』か
『すいかバー』だった気がするわ。

正直プールよりも
プールの後のアイスの方が
楽しみだったりして。

まだこちらでは見た事ありませんが、
そのうち『ガリガリ君』にも
ロサンゼルスで出会える日が
来るんじゃないかな~と
ひそかに期待してるんだけど‥。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-06-11

潜入!アダルトスクール。(2)

はろ~、はろ~。

(1)から引き続き、
私が通い始めた
『アダルトスクール』の
様子をお伝えしようと思います。

まず教室に着いて
一番始めにする事は、
机の拭き掃除。

いかんせん小学校の
教室を使用しているので、
我々の授業の後に
子供達が何を触ってるか
わかったもんじゃない(笑)
という事で、使う前に
除菌クリーナーで拭き拭き
しておかなきゃいけないみたいです。

確かに毎回、かなり汚れてます。


さて、約20~30名ほどの
クラスメート達が
どこの国の出身者なのか。

判明した範囲で
9カ国。

まず私が日本ですね。
それから
一番多いのが
やはりお隣のメキシコ。
そして中国、タイ、
インド、スペイン、
スリナム、ミャンマー、
ウルグアイ。
もちろん先生は
アメリカ。

このように、
日本で暮らしていたら
出会う事すらなさそうな国の方々と
同じ教室で机を並べている次第です。

英語の勉強も大事ですが、
「英語」を介して
違う国の人達と交流が出来るという事が
実は一番楽しかったりします。

スペインの公用語は
もちろんスペイン語。
そしてスペインから遠く離れた
メキシコの公用語も
スペイン語。

なのでスペイン人の生徒と
メキシコ人の生徒は
会話が可能なんですねえ。
全然違う国なのに。

アメリカ、カナダ、
イギリス、オーストラリア
なんかはこれまた国は違えど、
公用語は英語だしねえ。

こういうの日本語には
ありませんので
非常に羨ましい‥‥。

それぞれの国特有の
単語や言い回しは
微妙に違うようなので、
そこは日本の方言の違い
みたいなもんなのかしらん。

ちなみにスペイン人の生徒さんと
メキシコ人の生徒さんに
「違いはあるの?」
と聞いてみたところ、
文法的には全く同じだけど
やはりちょっと違う単語が
あったりするとの事。

例えば
スペインのスペイン語で
じゃがいも(ポテト)は
『パパス』。
メキシコのスペイン語だと
『パタタ』。
こんな感じに。

スペイン語とイタリア語も
結構似ているので、
ある程度の会話は可能らしいです。
(実際に見た事あります。)

それと同じように、
日本と中国も
同じ漢字を使うので
「会話出来るんでしょ?」
と思われてたりします。

いやいや、全然ですよ。

過去の海外旅行で
一番自分が「外国人」
だと感じさせられたのは
中国に行った時。

見た目はたいして
変わらないのに、
英語は全く通じないし、
漢字だらけのメニューも
さっぱりわからないし、
近いような気がするのに
全くコミュニケーションが
取れないギャップが
尚更自分を「外国人」と
思わせた感があります。

中国人のクラスメートは
まだ全く英語が話せません。
なので「ジャパン」すら
通じませんでした。

ある時、
世界地図で日本を
指差して伝えると
「おお~、ジーベン、ジーベン。」

そこで思い出した!
以前、父が中国に駐在していた時に
私もちょこ~っと中国語を
教えてもらったのですが、
そうそう、「日本」は
「rìběn」(ジーベン)だったわ。
*正確には「リ」と「ジ」の間のような音。

だもんで私も
「ジーベン、ジーベン」
と言ったらもの凄く
喜んでくれました。

う~ん、中国語も
勉強したくなってきたぞ。←よっ!お調子者。

色んな国の人とお友達になりたいですねえ。
earth.jpg

ある生徒さんの
出身国は「Burma(バーマ)」。

「バーマって何処だ??
聞いた事ないぞ。
バハマの聞き間違いか??」
と思ったのですが、
何度聞いても「バーマ」。

どうしてもピンと来ない。

家に帰って
英語の世界地図を
ネットで調べてみても
「バーマ」という国は
どこにも存在しませんでした。

「なぜだ?なぜなのだあああ?!」
と今度はアルファベット順の
国名一覧で「B」の項目をチェック。

しかし「Burma」は見つからず‥。

あれこれ調べた結果、
ようやく判明したその国の名は
「Myanmar(ミャンマー)」でした。

全然違うじゃんか‥。

「Burma」は1989年に
ミャンマーになる以前の
「ビルマ」の事だったんですねえ。

日本では改名後、
ほぼ「ミャンマー」に統一されているものの、
アメリカではビルマ、つまり
「Burma」のままだったのであります。
なるへそ~。
道理でピンとこなかったわけだ。

早速翌日に
ミャンマー人の生徒さんに
この件を尋ねてみると
「アメリカ人にはミャンマーって
言っても誰も知らないのに
よく知ってるねえ~。」と驚かれ、
軍事政権により改名された事や、
軍事政権下の情勢がいかに悪いか、
などなど色々教えてくれました。
彼女がアメリカに移住する事にしたのも
それらが理由なのだそうです。

というように、
家でボ~っとしていたら
一生感心を持つ事が
なかったかもしれないような
異国の情報に触れられるという
なんともエキサイティングな
毎日を送っております。

約3時間半の授業で
間一回休憩をはさむのですが、
休憩時間用のお茶やコーヒーが
並べられている机の上は、
いつも誰かしらが
お菓子や果物を持ってくるので
ちょっとしたパーティー状態。

でもって田舎に遊びに行ったかのごとく
「食べろ、食べろ」とすすめられるので、
あんまりお腹空いてないんだけどな~
なんて思いつつも、
クッキーやバナナを
かじらされたりしています(笑)。

ほんとにアットホームな
和気あいあいの学校です。

私も今度何か
日本のお菓子でも
持って行ってみようっと。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-06-07

潜入!アダルトスクール。(1)

はろ~、はろ~。


めっきりブログの更新が
おろそかになっている今日この頃。

実は最近になって
近所で開かれている
『アダルトスクール』に
週4日(月~木)のペースで
通い始めたせいでもあります。

さてこの
『アダルトスクール』
とはなんぞやというお話なのですが、
“アダルト”と聞いて
なにやらいかがわしいイメージが
頭に浮かぶ方もいるのでは?!(笑)

もの凄くわかりやすく
日本風に言うと、
「大人向けの(アダルト)
カルチャーセンター」
みたいなもんです。

州政府が運営しているので
受講料は破格の安さ。
私が受講している
ESL(English As A Second Language)
という英語を母国語としない
移民対象の英語のクラスにおいては
なんと無料!
よっ、アメリカ太っ腹。
(*学校により登録料数十ドルが必要な場合あり。)

英語の勉強がしたいなあ~と思い
あれこれ語学学校やら英会話教室やらを
探していたものの、
なかなか「これ」という決め手がなく
今まで過ごしてしまっていたのですが、
知人から
「迷ってる間にアダルトスクールにでも
行ってみたらどう?タダなんだし。」
というアドバイスを受け
「それもそうだ。」
と遅ればせながら
門を叩いたわけであります。

もちろん他にもコンピューターや
料理、フラワーアレンジメント、
ダンス、カメラなどなど
様々な分野のクラスがあり、
アメリカ人の利用者もたくさんいます。

英語のクラスのほとんどは
近所の小、中学校や高校の一画で
開かれている場合が多いみたいです。

私が通っている英語クラスは
小学校の教室。
家から一番近いので
そこを選びました。

まさか30過ぎて
小学校に通いだすとはねえ(笑)。

*写真はイメージです。
school.jpg

ではまずどのように入学(入校)するのか。

自分の参加したいクラスの場所に
いきなり押しかけます。はい。
(場所はネットで調べられます。)
クラスに空きがあれば
大抵は当日から受講可能です。

私の場合は
小学校の事務所で
「英語のクラスを受けたいんですけど~。」
と事務員さんに言ったら
「28か29の教室でやってるわよ。
 よくわかんないけど、たぶん。
 行ってみて。」という
かなり“ザ・いい加減”な案内をされました。

訪問者リストに名前を記入して
28か29の教室へ。
午前8時スタートのクラスだったので
5分前には教室周辺で待機していたのですが、
誰ひとりとして現れず‥。
教室も両方とも施錠されたまま。

「ほんとに28か29なのか?」
と事務員さんの発言を疑い始めた
8時5分過ぎ。

ようやく二人組が登場したので
「ESLのクラスはどっちですか?」
と尋ねると
「29ですよ。」との答え。
ふむ、やはりこの辺にいればいいのだな。

ちなみにその二人組は
「28教室」で開かれている
コンピュータークラスの
生徒さん達のようでした。

そして8時10分を過ぎた頃、
29教室が開放されました。
やれやれ。
“5分前精神”もへったくれもないね‥。

ここで授業開始前に先生に渡された
申し込み用紙に記入をしました。

授業開始時の生徒数は
5人ほど。
「結構少ないんだな~。」
と思っていたら
後から後からパラパラやって来て、
授業終了時には
軽く20人以上になっていました。

自由過ぎるぜ。

しかも小学校で開かれている
という事もあってか、
子連れ参加オッケーのクラスなので
教室の隅に常時4~6人の
チビッコが戯れています。
(ベビーシッター付き。)

たまに2歳くらいの子が
先生の椅子に座っちゃったりして
なんとも微笑ましいというか、
緊張感のまるでない空間です(笑)。

場所によっては
入学前にクラス分けのテストが
あったりするようなのですが、
私の通っている学校は
1クラスのみ。

なので生徒のレベルは、
アルファベットからスタートの
超ビギナーグループから
日常英会話が可能な
アドバンスグループまで様々。

教室内でそれぞれのグループに
分かれてお勉強を進めるスタイルです。

私が属しているのは
アドバンスグループなのですが、
正直みんなベラベラ英語を話します。
まあよう喋りますよ、皆さん。
「ちょっとみんな勉強しなくていいじゃ~ん」
なんて思うほど‥。
英会話には困らないけど
読み書きを強化したい人達のようです。

日本人とは逆のパターンなのであります。

日本人の場合、
読み書きは得意だけど
英会話(聞く&話す)はちょっと‥
って場合が多いので
「まず話す」という入り方で
英語を勉強してきた人達が
かなり羨ましいですわ。

英語のレベルうんぬんではなく、
臆する事なく英会話を楽しむ
クラスメート達の姿は
とても刺激になります。

おっと、
まだまだ長くなりそうなので、
続きはまた次回。

(2)へ続く→


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。