--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-09

ミステリーに遭遇(萩編)。

はろ~、はろ~。


10月も半ばに
さしかかろうとしているのに、
夏の出来事をいまだに
綴ってやろうという
自分の心意気に天晴れ。

やるよ、あたしゃ。

九州を後にし、
新幹線で降り立ったのは
『新山口駅』。
ここから一時間半ほど
バスに揺られて
“萩”を目指します。

shinyamaguchi1.jpg

電車で向かうと
遠回りになるので、
山の中を抜けて行く
バスを利用する方が
早いんですよ。
(もちろんここでも
 JRパスを利用。)

このバスルートが険しい、
というか狭い狭い山道でして、
窓のすぐ下は切り立った崖であったり、
渓谷が広がっていたりで、
高所恐怖症のカメキチさんは
「ひえ~、窓側は無理無理‥。」

柵もやけに低い(タイヤの高さ程度)
なんとも心もとないもので、
ちょっとでも運転を誤ったら
真っ逆さまだな、こりゃ‥‥
とさすがの私も実はちょっと
びびっておりました。

東萩駅に到着後、
まずはお目当てである
昼食処へ。
この為にあえて朝食抜きで
やって来ましたからね。

駅から徒歩15分ほど先の
『道の駅』の中にある
某レストランが
ネットやガイドブックで
“萩”の情報収集をした結果、
見事昼食候補ナンバー1に
輝いたわけです。

「日本で美味い魚を食べる!」
というのも2人の楽しみのひとつ。

そこのレストランでは
なんでも地元のテレビ番組等で
絶賛されたとかいう海鮮丼が
名物として大人気だそうで。

しかしながら炎天下での徒歩15分は
予想以上に体力を消耗しましたわ‥。
しかも道中、他に歩いている人を
一切見かける事のない2人の孤独な闘い。

この道で本当に合ってるのか??
と不安になったりもしましたが、
いかんせん誰かに尋ねようにも
誰もいないわけでして。

信じて前進あるのみ。
それもこれも美味い魚の為!

そして無事に辿り着いた
『道の駅』は
なかなかの盛況ぶり。
もちろん皆さんは
車でご来場でしょう。

お目当てのレストランにも
順番待ちの長い列が。
う~ん、これは期待できるぞ~。

待ち時間を物産コーナーで
うまい具合に過ごした後、
いよいよテーブルご案内です。

私はもちろん名物の“海鮮丼”、
カメキチさんは“寿司定食”、
そして地元の魚である
“のどくろの煮付け”を注文。

周りのお客さんを見てみると
やっぱり“海鮮丼”率が圧倒的。

左から海鮮丼、のどくろ煮付け、寿司定食。
sadlunch.jpg

よっしゃ~、
ここまで来た甲斐があったぜいっ!
いただきま~~っす!!

ホクホク顔で箸を割り、
早速ひとくち頬張ると‥‥

はい、その前にちょっと余談。

私は基本的に好き嫌いは
ございません。
なんでも美味い美味いと
よく食べます。
出された物は残さない主義です。
今までの外食先での
「不満な味」
なんて思い出もありません。

これを踏まえた上で
話を戻しましょうか。

『ホクホク顔で箸を割り、
早速ひとくち頬張ると‥‥』

おえええええ、
どえええええ、
のわああああ、
げおああああ‥‥

なんでしょうか。
もう口の中が瞬時に
こんな状態になったんですわ。
いや、ほんとビックリ。

ご飯がベッチョベチョの
ドロッドロの大袈裟ではなく
お粥みたいだったんです。
マ~ジ~でっ!!
ああああああああっ!!
有り得ないいいいっ!!

ちょっと柔らかめとかいう
レベルじゃあござんぜんよ、旦那。
もうお米の形してないんだから。

どう考えたって丼によそう時に
この異常事態に気付かないわけが
ないでしょうがって話ですよ。
100%、水加減間違ったはずですよ。
でも忙しいし、混んでるし、
何人分かくらい「ま、いっか」
って思って出したに違いない。

そうでなきゃむしろ納得いかん。

米にはちょっとうるさい
カメキチさんに食べさせると
全く同じ反応で、
目を白黒させながら
「今までの人生の中で一番、
 信じられないくらい
 ずば抜けて不味いご飯だ‥‥。」

店員さんに伝えるべきかとも
思いましたが、
いかんせんやたらと怖い顔で
忙しく動き回っていて、
水も注いでくれないような
状況だったのであきらめました。

そのアッツ熱のベチョベチョご飯の
上に乗せられて半煮えになり
色の変わった生温かい刺身といただく
名物“海鮮丼”、1600円也。

「1600円、1600円‥‥。」
これだけを頭の中で連呼しつつ
「うおえっ‥。」となりながら
もったいない精神をフル稼働して
なんとかたいらげました。
ほんとなら1600円貰っても
遠慮したい代物よ~~。

カメキチさんの寿司定食の
すし飯は至って普通で、
おそばも付いていたので
「僕のをお食べ。」と
分けてもらいましたが、
あまりのショックで
もう他の物の味は
記憶にございません。

いやあ近年まれにみる
落ち込みっぷりでしたよ。
我ながら。

あのご飯、
一体なんだったんでしょう?

『萩の秋芳洞ミステリーツアー』
なんて人気のツアーがあるようですが、
あれはさながら
『萩の道の駅ミステリーグルメ』ですな(笑)。



指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。
スポンサーサイト

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-09-30

見えないけどいる。

はろ~、はろ~。


お墓参り&お墓掃除の為、
大分県は宇佐市に
行って参りました。

ここ宇佐市は我が家の本籍地。
私自身は住んだ事もなければ、
育ったわけでもない土地なのですが、
まあ長い長い歴史があり、
菩提寺がある関係上及び、
他県在住とはいえ
本家の長は父なので、
籍はそのまま宇佐市に
置いてあるわけです。

『宇佐』はローマ字で
『USA』。

USA(宇佐)に籍があり、
USA(the United States of America)在住‥‥。

なんかご縁を感じますねえ。
え?無理矢理過ぎ?

菩提寺のある山奥の村までは
福岡の祖父母宅から、
レンタカーにて約2時間強。

盛夏のエネルギーを吸収し、
力強い生命力をこれ見よがしに
吐き出すかような
キラキラと輝く緑、緑、緑。
薄い、濃い、淡い、深い、
何百種類もの緑色が重なる
まるで絵画のように美しい
田園、山林風景を抜けて行きます。

cleaning4.jpg

お寺に到着後、
まず取りかかるのは
大昔に使用人として
働いてくれていた方々の
お墓掃除。
山林内にあるので、
落ち葉に埋もれてしまうんですよ。
つまりここでの掃除というのは、
早い話が落ち葉撤去作業の事です。

この際の必須アイテムは
なんといっても虫除けスプレー。
ヤブ蚊を始め、
虫ちゃんの宝庫でもありますから。

ただ、大量に噴き出す汗と共に
すぐ流れ落ちてしまうので、
作業中はこまめにスプレーするべし。

(左)作業前に虫除け対策をする両親。(右)虫除けスプレーをカメキチさんに浴びせかける父。
cleaning1.jpg

両親は毎年夏に
この地へ掃除に訪れているのですが、
昨年の夏は父が入院していたので中止に。
つまり今年は2年分の
たまりにたまった落ち葉撤去作業を
敢行せねばならんわけです。

どっから手を付けるべか‥‥と
唖然とする量の落ち葉の山。

今回は私とカメキチさんが
助っ人に来て大正解ですなあ。

いやはやしかし、
「光栄です!」と言って
喜んで同行してくれた
カメキチさんではありますが、
私と結婚するまでは、
まさか自分の人生の中で
日本の大分県くんだりの山奥に来て、
落ち葉をかき集める経験をするなんて
ゆめゆめ思わなかったろうねえ(笑)。
いやはやアメリカ人も人生色々だよ。

cleaning2.jpg

落ち葉撤去作業終了後は
ちょっと場所を移動し、
父方の祖父母と祖父の弟が眠る
お墓の周りの草むしり。

高台にあるこのお墓が見えてくると、
いつもなんだか不思議な気持ちになります。

なんだろうなあ。
3人が並んで
「よく来たねえ。」って
ニコニコしながら手を振って
そこに立っているような気がするんですよ。

もちろん姿形があるわけではないのだけど、
お墓を訪ねているというよりは
家を訪ねた時のような感覚になるんですわ。
「やっほ~、来たよ~。」みたいな。

カメキチさんを見た祖母が
「うわああ、大きいねえ‥。
 やっぱり大きいですねえ、お父さん。」
と隣にいる祖父に話しかけ、
無口な祖父が「うん、うん。」と
うなずいている光景が
見えるような気がするのです。
そして好奇心旺盛だった祖父の弟が
「アメリカはどうだ?」と
興味津々に聞いてくるような
そんな気がするのです。

なので、彼らのお墓を前にすると
いつも不思議と
会えて嬉しい、楽しい、懐かしい、
甘酸っぱい気分になるんですよ。
変かもしれないけど、
そうなんだからそうなんだわさ。

カメキチさんとご挨拶。
cleaning3.jpg

見えないけれど、
確かにそこにいる。
会えないけれど、
確かに自分の中に生きている。

改めてそう強く感じるのであります。


どうかこの先も
我々を温かく見守ってやって下さい。
また会いに行くからね。



指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-09-24

『1+1=30』の歴史。

はろ~、はろ~。


新幹線「ひかり」にて
博多駅に降り立ち、
後発の「のぞみ」で到着した
両親と無事合流。

今回はお盆の時期という事もあり、
母方の祖父母宅には
同居している叔父さん家族を含め
福岡在住組の親戚一同が
すでにせい揃いしているはず。

大人になってからというもの
私が祖父母を訪ねる時期は
バラバラだったもんで、
その際にそれぞれが
祖父母宅に顔を出しに来てくれたり、
それぞれを訪ねたりという形で
会う機会はありましたが、
お盆の大集合に参加するのは
たぶん子供の頃の夏休み以来じゃないかな~。

翌日に遠出をする為、
最寄りの駅でレンタカーを借りて
父の運転にていざ。

玄関先に到着すると
祖父母が車まで出迎えに
来てくれました。
いやあ、じいちゃん、ばあちゃん、
あなた方の笑顔を見ると
アメリカくんだりから
はるばるやって来た
甲斐があったなあ~ってもんですよ。
嬉しい限り。

叔母さんが荷物運びを
手伝ってくれたりして、
トランクを開けながら
「元気だった?」なんてやっていたら
いつの間にかカメキチさんの姿が
車のそばから消えていた‥。
あら?

実はカメキチさん、
「よく来たねえ~!」の
握手の勢いのまま、
「さあさあさあ上がって上がって」と
ばあちゃんに手を引かれ、
すでに連れ去られておりました(笑)。

身長150cm足らずの
80代半ばの小さなばあちゃんと、
身長196cmのアメリカ人が
仲良く手をつないで歩くその後ろ姿は
なんでしょうかね~‥あれ。

めちゃくちゃ面白かったわ。
思わず笑ってしまいました。ほんと。
そりゃね。

中の座敷に入ると
すでにみんな揃っており、
賑やか、賑やか。

enkai1.jpg

いとこ達もそれぞれ
パートナーや可愛い子供を同伴しており、
自分達がまだ小さかった時代よりも
確実に迫力のある集まりに
なっておりました。
でかいアメリカ人もいるし(笑)。

時代の移り変わりを感じるというか、
こうして世代交代していくんだなあ
みたいな感慨深い気持ちになりますよ。

(左)「にゅうめん」。美味しかった~!(右)福岡人には欠かせない「がめ煮」。
enkai2.jpg

今回の集まりには残念ながら
参加出来なかった東京在住組なども
含めると母方の親戚は
総勢30名ほどにのぼります。

やっぱ日本のメシは美味い!日本に生まれて良かった~って思いますね。
enkai3.jpg

ばあちゃんがふと漏らした
「2人から始まって30人になったわ。」
という一言。

これは重い。
深い。

カメキチさんと
夫婦2人で生活している現在、
ここから家族が30人になるなんて状態
考えた事もなかった‥。
もちろん、祖父母もそうだったでしょう。

しかもこの祖父母、
初対面が結婚式当日だったという
驚きの出会いから始まってますから
尚更おったまげますよ。
ミラクルですよ。

奇跡のおしどり夫婦、
60数年の歴史ここにあり。
いや単純に凄いです。
そして我々がその歴史の1ページに
参加させてもらえた事を
心の底から光栄に思います。

enkai4.jpg

これからも
40人、50人目指して
元気に長生きし、
歴史年表をまだまだ
どんどん延ばして下さいよ~。


指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-09-21

思い出の味。

はろ~、はろ~。


電車で九州に上陸する際、
関門海峡を横断する
長い長い海底トンネルを
抜けていくわけですが、
この時にいつも懐かしく
思い出すものがあります。

それは“うどん”。

子供の頃、
毎年の夏休みには家族で
寝台列車ブルートレイン
『あさかぜ』(2005年に廃止)に揺られて
祖父母宅を訪れておりました。

200px-Asakaze-headmark.jpg

関門海峡を渡る前の停車駅である下関駅では、
機関車付け替え作業の為に
停車時間が少々長く取られており、
そこで恒例になっていたのが
ホームにある立ち食いうどん屋さんで
“うどん”を買う事でした。

もちろん子連れの家族が
店で悠長に食べるほどの時間はないので、
ダッシュで買いに降り、
プラスチックのどんぶりを抱えて
また車内に戻ってくるという戦法。

買いに出るのは父か母か兄だったので
いつも車内で留守番だった私としては、
乗り遅れないかとヒヤヒヤしながら
“うどん”と買いに出た家族の帰りを
窓に張り付きながら待っていたものです。

我々の車両からうどん屋さんまでに
結構な距離があったある時。

先に出来上がった分のどんぶりを持って
父がホームを歩いて車両に戻ってくる姿を確認。
「よし、お父さんクリア。」

ところが残りの分を待っている母の姿は
間もなく発車だというのにいっこうに現れず。

そしてとうとうそのまま電車の扉は閉まり、
動き出してしまったのであります。

「ああああああ!
 お母さんは?お母さんは?」
と慌てふためく子供の私をよそに
父は「大丈夫、大丈夫。」と
まったく動じる様子なし。

ほどなくしてニコニコしながら
どんぶりを持って座席に戻ってきた
母の姿を目にした時は
「マジックか?!」と思うほど
ビックリしたものです。

まあ要は、うどん屋さんの
最寄りの車両から乗り込んで
のんびり車内を歩いて戻って来ただけの事。

ホームを歩いて戻ってくるものと
思い込んで窓に張り付いていただけに
「大人ってなんて頭がいいんだ‥。
 そんな裏技があったとは‥!!」
と妙に感心したのを覚えています。

ふっ、我ながら可愛い奴め。←アホなだけなんだけど‥。

そんなスリルの後に
真っ暗な関門トンネルを抜けながら
朝食代わりに家族で頬張る
ダシの効いた熱熱のうどんの味は
そりゃもう格別でありました。

今年に入り、
下関駅のホーム上のうどん屋さんは
閉店してしまったとの事。

ブルートレイン『あさかぜ』も
うどん屋さんも
今や記憶の中だけの存在。
なんとも切ない気分になりますねえ。

う~ん、
思い出話だけで予想外に
ずいぶんと長くなってしまった‥。

なっかなか九州に上陸しませんねえ(笑)。
ま、こんな回想も旅の一部ですから。
気長にお付き合い下さい。
はい。



指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

2010-09-16

『お熱いのがお好き』です。

はろ~、はろ~。


8月某日。
夕方の成田空港に降り立ち、
一度新鮮な空気をと思い外へ。

もわああああああ~。
うえええええええ~。

リフレッシュどころか
「これからの旅から
 生きて帰れるのか」
と不安がよぎるほどの
暑さと湿度が直撃。

そうだった。
これが日本の夏だった‥。
いやあうっかり、うっかり。

当初空港まで父が車で
迎えに来てくれるなんて
話になっていたものの、
その肝心の車は
数日前にガードレールに
こすり付けた結果、
見事な傷物になったとの事で
修理工場に出張中。

年明けに納車されたばかりの
新車だっただけに
父のショックははかり知れず。

そんな失意の中を
慣れない代車で迎えに来てもらうのは
それはそれで心配なので(笑)、
今回のお迎えは
丁重に辞退させていただきました。

なんたってこっちには
JRパスがありますからね~。
ダイジョブ、ダイジョブ。

というわけで
成田エクスプレスにて
無事実家に到着。

翌朝は早速、
次なる目的地を目指して
移動開始であります。

向かう先は
祖父母の住む“福岡”。

カメキチさんにとっては
初めての新幹線体験になります。
「のぞみ」には乗れませんので、
新大阪乗り換えの「ひかり」にて
博多へというコース。

同日に福岡入りする両親は
後発の「のぞみ」を利用するので、
博多で待ち合わせとなります。

乗車駅である新横浜駅にて
腹ごしらえのサンドウィッチと
横浜名物“◯◯軒”のシュウマイを購入。

(左)サンドウィッチとシュウマイ。(右)新幹線トイレデビューを果たし帰還するカメキチ。
shinkansen.jpg

シュウマイ売り場には
“すぐ食べれますよ”仕立てと
“家で蒸してね”
(またはレンジでチンしてね)仕立てが
販売されており、
車内でつまみたかった私は
もちろん“すぐ食べれますよ”仕立てを
選ぶ事になるわけですが、
これどうみても冷たいよな~。

コンビニみたいに買った後
レンジで温めてくれるのかな?
それとも最近流行りの
紐を引いたら蒸気が出る
「過熱式容器」だったりするのかな?

お店のお姉さんに尋ねてみると
「こちらは冷たくても
 美味しくいただけるように
 開発された商品ですので、
 このままお召し上がり下さい。」
との回答。

素直に「なるへそ」と
納得して買ってみたわけですわ。

しかしながら、
食べてみると
それはやっぱり
「冷たいシュウマイ」
である事に変わりはなく、
「熱々のシュウマイ」の味を
越えるどころか並ぶことすら
ままならないのが現実で‥。

カメキチさんと共に
「あったかければ
 もっと美味しいのにねえ。」なんて
開発の努力を踏みにじる
不届きな感想しか出てきませんでした。
ううう‥。

それともここは
「冷たいわりには悪くない。」
という表現を使った方が
適切なのかしらん。

多少値段が高くなっても
「過熱式」も是非
開発していただきたいなあ、
と思ってしまうのは
電子レンジ世代っ子の
贅沢な要求なのだろうか‥。

いや、マリリン・モンローだって
『お熱いのがお好き』なはず。
『お熱いシュウマイがお好き』なはず。

だが、待てよ。
普通の駅弁であれば
そもそも温かさを期待していないので
どんな食材であれなんて事なく
美味しくいただけるなあ。
その場合、
おかずに冷たいシュウマイが入っていても
なんら気にならない。

むしろ温かくない弁当を喰らうのが
電車旅行の醍醐味のような気もする。

温めたコンビニ弁当を
車内に持ち込むのはやはり
駅弁達に対する裏切り行為とも
取られかねない。

だもんで、
“弁当のおかずのひとつ”としての
冷たいシュウマイに対しては、
「そりゃ弁当なんだから当たり前」
と寛容な態度が取れる。

とはいえ、
シュウマイだけが並ぶ箱を目の前にすると
『シュウマイ=熱々』
のイメージが先行してしまうので
そのイメージとのギャップに
どうしても困惑してしまう。

つまりこれは◯◯軒のせいでも
売り場のお姉さんのせいでも
冷たいシュウマイのせいでもなく、
脳科学的な問題なのかもしれない。

「熱々のシュウマイ」の味を
思い浮かべながら口にした
私の負けという事か。
ふむふむ。

そこで改めて口にしてみると
「う~む、なんかありな気がしてきた。」


なんてしょうもない事を考えながら
移り行く車窓を眺めるのでありました。



指の運動に→にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ 
さらなる指の運動に→人気ブログランキングへ
          どうぞまたお越し下さいませ。

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

プロフィール

ツルコ

Author:ツルコ
はろ~、はろ~。

私:ツルコ
ロサンゼルスにて
“ぐ~たらな日々”を
こよなく愛する
アラサー主婦。

夫:カメキチ
食に関しては
「生まれる国を間違った」
らしいアメリカ人。
ツルコの実家の母の
“梅干し”を崇拝している。

いらっしゃいませ。
こんにちは。

指の運動に↓にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
さらなる指の運動に↓人気ブログランキングへ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。